カテゴリー

[18] インパクト

ランボルギーニ社のマネージャーがおもむろに言い出した、

『最後にひとつ条件がある。
それは、製作して完成したこの車には、ランボルギーニというネーミングを入れなければだめだ。』

なんと、向こうからブランド名を使用して欲しいと言ってきたのだ!

エンジン、シャーシの提供からフォーローアップまで全ての面倒を見る代わりに、

ランボルギーニという名前をシンボルマークはもとより、車名もランボルギーニ〇〇〇というように、

全てに対して使用しなさいということであった。

例えば、ランボルギーニ・コジョラby山崎といったふうに3社の名前を入れるような感じである。

その瞬間、心の中では、やった!!と思った。

条件がそれだけである。

ただひとつの条件が、こちらがなんとしても獲得したかった、

ランボルギーニというブランド名を使用することなのである。

向こうから要求してきたのだから、もちろんブランド名の使用料などはいっさい必要ないのだ。

『そのデザインモデルを置いていけ。社内で検討する。』

ということで、ランボルギーニ社にモデルを預けて帰り、後日訪問すると、

社長をはじめ社内中で『ものすごく素晴らしい。』ということになっていた。

しかし、当時のランボルギーニ社ではある新型車の開発を行なっていた。ランボルギーニ ディアブロである。

そのまだどこにもオープンにしていない、

秘密のヴェールに包まれた新型車のプロトタイプを側で見せてもらったが、

『このディアブロをあと数ヶ月したら世界に発表して世に送りだす。
だが貴方の車のデザインはディアブロより優れているのでインパクトがありすぎる。
その時にそちらを先に発表されると、ディアブロの購買層が買い控えるという現象が起こるだろう。
それが問題だ。』

と言われたので、私もそこで反論した。

『そうは言いますが、これは1台限定という前提で作るので、
そういう趣旨でなら、オープンにできるのではないですか?』

すると、

『確かにそれはそうだが、実際の顧客からしてみれば、
“ランボルギーニは1台限定と公表しているが、
実はディアブロに続く次期モデルとしてこれを出すのではないか?”と思うだろう。
だから買い控えが発生するのだ。』

というのが、社長以下みんなと話し合って出した結論だと言うのだ。

だがそこを一生懸命に説得をして、結局向こうが折れることとなり、素晴らしいデザインだからということで、

本当に1台だけ限定で作ることを確約し、なんとか今回だけは特別ということで了承を得ることができた。

というように、インパクトを与えすぎて逆に警戒されてしまい、

良すぎて悪くなるということがまた起きてしまった。

何十年と暖めてきた夢を抱えてやって来たイタリアで、奇跡を起こしてしまったのだ。

ものすごいインパクトを周りの人達に与えてしまったのである。

ある人達は口論を始め、またある人は舞い上がり、そして警戒するという感じで、

とにかくものすごい反響だったのだ。

そういうわけで、ランボルギーニより1台だけバックアップを含めて提供してもらえるということで、

コジョラ社でランボルギーニ・コジョラby山﨑として1台の車が作られていくのである。

この経緯と、ランボルギーニのブランド使用許可が下りたことや、コジョラ社で製作するということを、

出資者へ報告し無事出資もこぎつけたのである。

そしてようやく夢の車の開発がスタートするのだった。

だが、それはある日突然の連絡により、誰もが思いもよらなかった事態になる。

“コジョラ社長急逝”

ここにソニア開発における最初の、そして最大のインパクトが発生したのである。

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments

    • Jacklyn on 2016年05月14日 at 18:44

    Reply

    That’s way more clever than I was exetgpinc. Thanks!

    • Zyah on 2016年05月14日 at 20:11

    Reply

    – I *think* this is my favorite wedding of yours yet! This looks like a GREAT time and your photos carry such life and joy and love! And the one of them sharing their first dance (i’m as8gsinu&#m230;) … just lovely…

コメントを残す

Your email address will not be published.