カテゴリー

新たなスポーツカーに向けて

*Car Design Art / by Ryouji Yamazaki / 近作

皆様ご無沙汰しております。久々の投稿となりますが、今月より、いよいよ、私独自の発想による新たなスポーツカーのメイキングストーリーを、当ブログでお伝えしていきたいと思います。

 

山﨑亮志 19才頃のカーデザインイラスト(スーパーカーと女性のイメージ)

#B01P01 Cardesign Art, by 山﨑亮志 (19才頃)

そもそも、私がスーパーカーを造ろうと思ったのは、10代半ばでした。それ以前は、ジェット戦闘機、潜水艦、軍艦、戦車等のバトル兵器など過激なものが好きでした。確か、小学生時代、風邪を引き、母親に病院に連れられて注射されても泣かないようにして、偉いと褒められ、そのご褒美に何が欲しいかと言われたときに、本屋さんに行き、今もあると思いますが「航空情報」という専門誌がありました。それを小学生で漫画や絵本ではなく、無心になって見ているような子供でした。その当時の自動車と言えば、スポーツカーと言ってもポルシェくらいでした。デザインは私にとってはおもちゃっぽくって物足りないものでした。大人になってからよく、子供のときから車が好きでしたかと聞かれることがありますが、車ごときでは物足りなく、ジェット戦闘機が好きでした。

 

ジウジアーロ氏と、ジュネーヴにて

#B01P02 ジウジアーロ氏と、ジュネーヴにて

そんな子供が車に目覚めたのは、やはりジウジアーロ、ガンディーニのアート的な車のデザインに出会い、触発され、自身の新しいデザインフォルムを創造することに没頭していきました。

VERA製作光景

#B01Vera VERA製作光景

以来、半世紀以上、究極のスポーツカーのデザインを目指して、製作を続け、現在に至っています。色々な環境の変化や誘われて他のことも多少やってきましたが、基本的には、車の革新的なデザインを創造するということを続けていました。

山﨑亮志カーデザインアート、二十代半ば

#B01P03 Car Design Art, by 山﨑亮志 (20代中頃)

今振り返れば、この半世紀、モチベーションを持ち続けてきたことは、自分ながら感心します。この数年来、これからの20年間を見据えて、より強力で美しく、そしてクリーンなエネルギーを動力とする電気自動車のスーパーカーを考え、デザインしてきました。今後の投稿では、そういったデザインの原案となるイラストなども投稿していく予定ですので、楽しんでご覧いただければ幸いです。

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

Your email address will not be published.