カテゴリー

夢のカタチII

山﨑亮志オフィシャルブログ

山﨑亮志がカーデザイナーを志した当時、カーデザインスクールの類は存在せず、建築物や彫刻、さらには恐竜や動物の骨、鉱物といった自然界の研究とカーデザインに没頭し、造形と機能美の本質に迫っていく。こうして生まれたデザインの一つが後にランボルギーニ・ソーニァと命名された独特の上下二分割デザインであり、その1/4スケールモデルを手にカロッツェリアの本場イタリアに渡った。遂には現地法人アートアンドテック社を起業、代表取締役兼デザイナーとして、ランボルギーニ社と契約によるソーニァ実車、ベーラ製作まで至り、トリノショーなど主要国際展示会への出展を果たす。帰国後もその情熱は冷めることなく、未来的なスーパーカー製作のため日々格闘している。当ブログ「夢のカタチII」ではその新たな道筋が公開されていく事になる。

画像は山﨑が十八歳の時に描いた紫紺に輝くスーパーカーだが、傍らに佇むスーツ姿の男は、起業家とデザイナーを両立する事となった将来の自身を現したかのようである。

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Latest Articles

[15] 再びコジョラ社へ

日本へ帰国した後、再びコジョラ社へ打ち合 […]

[14] 通訳

コジョラ社長はさっそく検討に入り、自社の […]

[13] カロッツェリア

ここトリノにはベルトーネなど有名なデザイ […]

[12] 運命の出会い

コジョラ社の前に到着し、ブザーを押すと女 […]

[11] 一人

ベルトーネ社の後に、もうひとつコジョラ社 […]

[10] デザイナーとアーティスト

3分。 長い3分だった。20分ぐらい帰っ […]

[9] 衝撃

作品を並べていき、しばらくすると、 チー […]

[8] 憧れの会社へ

悩みに悩みぬいて、確かに就職活動をするな […]

[7] 運命の選択

翌日から有名な各社、イデア、ベルトーネ、 […]

[6] トリノの夜

ようやくホテルへ到着し、 明日からのトリ […]